箱根駅伝:もう一つの試練(ドラマ)

 

 箱根駅伝に関して、青山学院大の神林主将を襲った悲劇をめぐる一連のエピソードが話題になっている。早大競争部とは何の関りもないので、詳しい事情は知らないが、早稲田でも同じようなトラブルが往路の大ブレーキに繋がっていたようでもあり、彼らの懸命な努力と心情に敬意を表し、心からお疲れ様と言っておきたい。

 とりわけ、大学最後の箱根を走れなかった吉田主将と、初めての箱根駅伝で、大きなプレッシャーと戦いながら山に挑み、その魔物に吞み込まれてしまった一年生の諸富くん。二人の無念と絶望はいかばかりであったろうかと思うと、心が痛くなる。

 人生に降りかかる災難は人それぞれだけれども、今回の苦難に立ち向かった経験は、二人が今後の人生を歩んで行く上で大きな糧になるだろうと思います。今回の事に挫けることなく、堂々と前を見て、これからも突き進んでください。本当にお疲れさまでした。

(photo by すしぱく

(2021.1.4公開)

コメント

このブログの人気の投稿

ツツジとケヤキの町

箱根駅伝2021

月より団子か、はたまた酒か:10/1(旧暦8月15日)