やさしい21世紀の若者たち

  管理主義的なニフティサーブではなく、無法地帯と呼ばれていたPC-VANの住民であることが誇らしく(笑)感じられたあの頃、

 偽悪的な振る舞いをすることが大人のたしなみだと信じていたあの頃、

 べっこあめや、リムネットが光り輝いて見えたあの頃、

 あやしいわーるどの蠱惑的な世界をのぞくことで世の中の本当の姿を垣間見ることができると思っていたあの頃、

 2ちゃんねるなんてまだなくて、あめぞうがまだ息をしていたあの頃、

 そんな頃でも、草の根ネットはすでに伝説の彼方にあった。

 一度、草の根の世界にはまってみたかったなぁ…。

 そんな時代に戻りたいとふと思ってしまう旧人類にとって、21世紀を生き延びることは本当に容易ではない。

 20世紀のバブルを見てきた私からすると、21世紀の若者たちはみんな優しくて、清く正しく美しい。まぶしすぎるほどに。

 同じ人類なんだろうかと疑ってしまうほどにまぶしい…。

 そういえば、我孫子にお住まいだったアンギラスさんはお元気だろうか…


コメント

このブログの人気の投稿

ツツジとケヤキの町

箱根駅伝2021

月より団子か、はたまた酒か:10/1(旧暦8月15日)